浄泉寺 のうこつぼ | 神奈川県横浜市港北区【納骨堂なび】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浄泉寺 のうこつぼ 寺院墓地


住所 神奈川県横浜市港北区新吉田東3-28-32
設備

法要施設・多目的ホール 永代供養施設・納骨施設 合祀墓 アイコンの説明はこちら

宗教 浄土宗  

資料請求・見学予約の問い合わせ

ネットで問い合わせ 電話で問い合わせ

価格表

区画名 区画面積 永代使用料[A] 墓石施行価格[B] 総額[A+B] 年間管理費 空き区画 備考
のうこつぼ 祀   498,000円           ※年会費別途必要

資料請求・見学予約の問い合わせ

ネットで問い合わせ 電話で問い合わせ
※詳細地図はマウスでスクロール移動、「+」「-」のボタンで拡大・縮小ができます
大きい地図で見る
住所 神奈川県横浜市港北区新吉田東3-28-32
アクセス
▼横浜市営グリーンライン「高田駅」より徒歩12分
※2020年頃には橋が完成する予定でアクセスも更に便利になります、東急バス(日40・綱44)「高田消防前」バス停より徒歩7分
▼第三京浜道路「都筑IC」より車で約5分

浄泉寺は、浄土宗の寺院で、清涼山法界院浄泉寺といいます。
当山は、徳川家康公江戸入りの三年後、文禄2年(1593年)、願蓮社誓譽上人舊門和尚により、小机・泉谷寺の末寺として開創されたと伝えられております。誓譽上人は元和2年(1616年)4月15日に示寂。江戸末期の記録では、年貢地を一段有し、間口八間に奥行き三間半の本堂が建てられていました。
寺宝である本尊の阿弥陀如来は身丈2尺で、寄木造りの漆箔の立像です。
その後、昭和48年に本堂再建、昭和63年には浄土宗三上人七百五十年大遠忌記念事業として、本堂の増築と客殿を新築しました。
浄泉寺は大法要を、8月8日に施餓鬼会、11月11日に十夜会(念仏会)を厳修し、月に1回仏教修養会を開催しております。
また、年に1回日帰り旅行会を実施しています。

お寺は手入れが行き渡っており常にきれいです。境内の植物が季節を感じさせます。境内のいたるところに小さな地蔵像がありほっと和みます。小高い立地ですが、がけが崩れないよう補強工事も済んでおり安心です。

今現在最寄り駅から徒歩12分ですが、2年後には新しく橋がかかり大幅に所要時間が短縮されます。周辺は住宅街で車どおりも少なくとても静かです。

資料請求・見学予約の問い合わせ

ネットで問い合わせ 電話で問い合わせ

PAGE TOP