納骨堂の種類【納骨堂なび】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

納骨堂の種類

多様な種類の納骨堂

「ロッカー式/棚式」:区分けされた棚に骨壺を入れ、ロッカー式には扉が付いている

ロッカー式とは、同じ大きさのお壇が集合しているもののことを言います。
骨壷をロッカーのような棚に収蔵してありお参りした際は、お骨を出してもらえる場合と、参拝スペースの裏側に棚があってお参りするケースなど、様々な方法があります。

メリット 納骨堂のなかでも比較的安い。
デメリット 供養物などを置くスペースがない。

「仏壇型」:位牌を飾り、供え物を捧げる上檀と骨壺を収蔵する下檀に分かれる

仏壇が並んだような形態の納骨堂です。上段に仏壇があり、下段にお骨を安置するスペースがあり、霊廟型と呼ばれることもあります。

メリット 個別の仏壇があるため、遺影やお花などを飾ることができる。家族で継承できる。
デメリット 他の納骨堂と比較して料金が高い。

「自動搬送式」:コンピュータ制御で自動的に納骨箱が搬送される

専用カードを機会に通して、タッチパネルを操作することで、ご遺骨が自動的にお参りスペースに遺骨が運ばれてきます。お花・お香が最初から用意されていることが多く、手ぶらでお墓参りすることができます。
お墓のマンションと呼ばれる場合もあります。

メリット 最新の納骨堂で施設が充実しており、個別の参拝ブースでゆっくりお参りができる。
デメリット 機械が故障したらお参りができない。

「室内型墓所」:一般の墓石を屋内に建てる

室内に霊園と同じように墓石を並べる形態のお墓です。室内なので、天候に左右されることなく、お墓参りをすることが可能です。

メリット 一般のお墓と同様に家族で継承できる他、お花や線香を供えたり、水をかけたりすることも可能。
デメリット 建物が崩壊すると遺骨がなくなる恐れがある。

納骨堂を探す

北海道、東北
北海道(6) | 青森 | 岩手 | 宮城(2) | 秋田 | 山形 | 福島(1)
関東
東京(63) | 神奈川(16)埼玉(7) | 千葉(12)茨城(4) | 栃木 | 群馬(2)
中部
愛知(18) | 岐阜(3) | 静岡(1) | 三重(2) | 山梨 | 新潟 | 長野| 富山 | 石川(3) | 福井
関西
大阪(12) | 兵庫(3) | 京都(7) | 滋賀 | 奈良(4)和歌山(1)
中国・四国
鳥取(1) | 島根 | 岡山(1) | 広島(4) | 山口(1) | 徳島 | 香川(1) | 愛媛(1) | 高知
九州・沖縄

福岡(3) | 佐賀 | 長崎(2) | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島(5) | 沖縄(2)

PAGE TOP